里重る里 Satoshige Ruri’s Profile

Bio Kitchen主催

オーガニック・コンシェルジュ

ナチュラルフードコーディネーター

幼い頃より、母親に「食は大事」と教えられ、東洋医学の治療院を営む父親からは、どんな食が身体に良いのか聞かされて育ったせいか、もの心つく頃から、食に関心を持つ。

学校教育現場の経験を積むも、病に倒れ、そこから、オーガニックの食に切り替える。

1996年より、オーガニックの店舗販売、オーガニック・デリバリーサービス(ビオマルシェの宅配BYC)に関わり、オーガニックの農産物、食品を普及することに尽力。

その間、九州から、中部地方にいたるまでの有機農業の生産者の畑の見学ツアーに参加する中でオーガニックの現場に触れる。

また、マクロビオティックの料理を5年ほど学び、自然のお手当法などと合わせて自分や自分の家族との生活に活かしてきた。

一方で日本の食品添加物や、農薬、化学肥料など食の現状に、ずっと心を痛め続け、なぜ、オーガニックにかかわり続けるのか自問自答し続ける。

少しずつながらも、前進しながら出した答えは、オーガニックを拡げることは、「そこにかかわる全ての人、動植物、環境が、物心ともに幸せに満たされ、地球を平和にすることに繋がる」ということだった。

オーガニックの普及により、日本や地球の幸せに繋がるのであればと、2014年5月より、ビオマルシェの宅配BYC主催で「食のお話会」を始める。
その中で、日本の食品添加物や農薬の現状をお伝えすると同時にどんな食を選んでいけばいいのか、選び方のポイントやオーガニックの魅力を伝えてきた。

2016年に二人体制のお話会にシフトチェンジ。

  • part1  食の現状編
  • part2 デトックス編
  • part3 Bio Beautiful Aging~オーガニックで美しく歳を重ねる~
  • part4 赤ちゃんからの食育編
と4つのお話会のバージョンを広島各地で開催している。

2017年4月にオーガニックスペース 「Bio Kitchen」を立ち上げる。

自分自身が学び、体験してきたことをベースにして、オーガニックレッスンを開催。

オーガニックの食材を通した

などそれぞれのテーマ別のレッスンを開講。

その他、食のお話会や、オーガニック関連の啓蒙家活動を行うことで地球環境を守り、自然と人とが調和して幸せな世の中作りに貢献したいと願っている。

お問合わせはこちらから♪