親愛なる皆様、こんにちは。

広島から世界へ

オーガニックを発信する

オーガニックコンシェルジュ&ナチュラルフードコーディネーターの

RURIです。

前回は、オーガニックの梅干しを仕込んだご報告をさせて頂きました。

そして、予定では、梅干しの効用について

お話しさせて頂こうかと考えていたのですが、

予定を変えて、皆様が一番気にされるカビの対処法についてお伝えいたしますね。

というのも、先日、梅干し講習会に参加された方から、

「カビが生えました~!!1」

とSOSが入ったからなのです。

実はこの報告に、RURIは動揺しました。

というのも、梅干し講習会から1週間しかたっておらず、

その原因がわからなかったからです。

梅干しにカビが生える原因

として考えられるのは

前回のブログでもご紹介しましたが、

 

 

 

 

 

1.塩分を20%以下にした場合。

2.傷んだ梅をそのまま使った場合。

3.使う器具の消毒が不十分だった場合。

この3点が一番大きい原因だと思っています。

 

 

 

講習会で使う塩の量はあらかじめきちんと20%となるよう

測っておりますし、器具消毒に関しては、熱湯をしっかりかけることで

滅菌処理をしていました。

傷んだ梅も使っていませんでいた。

でも、もしかして、塩分量を測り間違えたのだろうか、

それとも、器具消毒の熱湯の温度が低くなっていたのだろうか

傷んだ梅が混入していたのだろうか。。。

とても気を揉みましたが、とりあえず、そのカビ梅ちゃんを

見にいくことにしました。

 

 

 

 

 

これがその梅です。

かなりひどいカビの状態でした。

原因を調べてみて、分かりました。

それは、これでした。

 

 

 

 

 

これが、仕込まれた状態の様子です。

重石がダンベル!?

それはそれでいいのですが、ダンベルの長さが

微妙に容器の直径より長く、梅をしっかり押さえる重石の

役目を果たしていませんでした。

具体的にはどういうことかと言うと、

本来、重石は、青梅が梅酢が発生した時に、

青梅が梅酢に漬かる状態にするためにするものですが、

この重石では、青梅の一部が梅酢から頭を出す状態

だったようです。

なので、梅酢から出た部分に青カビ、黒カビが発生していました(>_<)

つまり、カビが生える第4番目の要因を発見(?!)しました。

それは、

4.仕込んだ青梅が、梅酢から出る状態が長く続く

 

ということです。

これについては、重石を適切なものでしっかりする

ということがポイントですね。

 

原因が分かれば、あとは、対処するだけです。

その方の梅干しを預かって帰り、Bio Kitchenでカビの対処をさせて

頂きました。

とりあえず、カビのひどい10個の青梅は申し訳ないですが

処分しました。

その上で、カビの生えた青梅は綺麗に浄水で洗ってカビを

落としました。

その上で、焼酎で消毒する方法もあるのですが、

あまりにひどいカビだったので、日に干すことで殺菌することにしました。

 

 

 

 

 

半日ほど、日に干しました。

それから、気になったのは梅酢の状態です。

カビにより、本来なら透明な梅酢が白っぽく濁っていました。

 

 

 

 

 

 

この梅酢には、カビも混ざっていますので、これをきれいにする

必要があります。

そこで、まずはこの梅酢を、キッチンペーパーで数回濾しました。

それから、濾した梅酢を小鍋に移して火にかけぐらぐらっと

沸騰させました。

その上で、容器をしっかり洗って、再度熱湯消毒を行いました。

そして、そこに、半日日に干した青梅を入れて、沸騰させて冷ました

梅酢を注ぎます。

ただ、梅酢はかなり減っていたので、

そこに、あらたに梅酢を投入することにしました。

 

 

 

 

 

王隠堂さんの有機白梅酢です♪

これを、少し足しました。

さてさて、これがその状態です。

 

 

 

 

 

なんとか、普通に漬けた青梅の状態にすることが

できました。

あとは、しっかり重石をして、様子を見ることで

ほぼ大丈夫な段階まできました(≧▽≦)

 

ひとまず、ほっとしたRURIでした^^

 

皆様が、ご家族の健康のために梅干しを仕込んでくだされば、

医療費削減にも大きく貢献できるのではないかなあ。

そんなことを考えるRURIでした。

 

本日も最後までお付き合い頂き、有難うございました!

 

 

 

 

☆オーガニックな梅干し作り☆~カビが生えたら~☆