親愛なる皆様、こんにちは。

オーガニックコンシェルジュ&ナチュラルフードコーディネーターの

RURIです。

本日もご訪問頂きありがとうございます。

 

今年も、大好きな梅仕事の時期がやってきました。

先日の日曜日、有機の青梅を使って梅仕事第一弾、

行いましたよ♪

梅干しは、約20年にわたって毎年欠かさず行ってきました。

お味噌と同様、梅干しを漬けること

特にオーガニックの梅干しを漬けることをお伝えするのは

RURIのライフワークに近いものがあるように感じています。

なぜなら、手作りのお味噌や、梅干しは、日本の伝統的な

スーパーフードだからです^^

 

さて、では、仕込む過程をお楽しみくださいませ。

 

 

 

 

 

 

奈良県は、王隠堂農園さんの有機青梅。

もうすでに黄色く色づいています。

 

毎年ですが、有機の青梅は、美しく、見ているだけで

うっとりしてしまいます(≧▽≦)

 

これに天然の塩をまぶします。

 

 

 

 

 

塩をまぶした青梅を、梅、塩、梅、塩とサンドイッチ状になるように

積み重ねていきます。

 

そして、一番上に重石を乗せたら、第一ラウンドは終了♪

 

 

 

 

 

そして待つこと数日。。。

 

ここで、貴重な梅酢があがってきます。

 

 

 

 

 

画像ではちょっとわかりづらいのですが、

梅の表面を超すくらいの白梅酢が上がってきています。

これは、仕込んでから4日目の画像です。

今、本当にフルーティな香りが立ち込めています。

この香りは、とっても魅力的で、何年仕込んでも

この素敵な香りに癒され、幸せを感じてしまいます(≧▽≦)

 

 

ここからは、土用干しまで、基本的にはそのまま放置ですが、

場合によっては、カビの発生も考えられるので、

放置といえども、一番気が抜けない時期でもあります。

 

ちなみに、梅干しを漬けられるのを躊躇される方も

いらっしゃるのですが、その理由のひとつとして、

「梅干しを漬ける時に、カビが生えたら、その年には

不幸が起こる」というジンクスが挙げられます。

これについて、RURIが身をもって(?!)実験してみた結果、

その言い伝えは、まったくの取り越し苦労ということが判明しました(≧▽≦)

 

というのも、梅干しを仕込んでいたら、ある年に

カビが生えてしまったことがありまして。

さすがに初めてのことだったので、どきどきしながら、その一年を

過ごしておりましたが、不幸ごとらしきものは全くおこらず、

きわめて穏やか~な一年を過ごすことができたのでした♪

なので、カビのことが気になって梅干し漬けるのを躊躇されている方は

是非是非チャレンジして頂けたらと心から思います。

では、なぜ、カビが生えてしまうのか、逆にこれが分かると

失敗もなく作れるので安心ですよね。

RURIが長年梅干しを漬けてきて、気づいたカビの原因がいくつかあります。

 

それは、

①減塩ばやりのため、原則梅の20%の塩で漬けるところを塩の量を

減らす

②傷んだ青梅をそのまま漬ける

③漬けこむ容器の消毒が十分ではない

 

などが考えられます。

 

特に初心者の方は、まずは塩分20%で仕込むことは守って

頂けたらと思います。

その上で数年漬けて、問題なければ、少し減塩でチャレンジしてみても

いいかもしれません。

ただし、その場合には、漬ける容器のどこかに、漬けた年月日と

梅の量と塩の量をきちんと記録したものを残しておき、

出来上がった時にそのデータをもとに次の年の分量を考えられると

よいかもしれませんね。

でもRURIとしては、それでも、塩の分量を守ることをおすすめ

しています。

もし、減塩が必要なら、出来上がった梅干しを、しばらく水に

漬けておくことで塩抜きをして使うことの方を推奨します。

なぜなら、かびが生えた梅干しを、きれいな状態に戻してやるのは

味噌の表面にカビが生える時の対処法より面倒なものだからです。

できれば、精神衛生上も、カビが生えない梅干しを作ることが

望ましいのではと思うRURIでした。

 

ということで、今回は、今年の梅干しの仕込みの様子を

お伝えしました。

次回は、梅干しの効用についてお伝えさせて頂きますね。

 

本日も最後までお付き合い頂き、

ありがとうございました。

 

 

☆オーガニックの梅干しを仕込んでおります☆