親愛なる皆様、こんにちは。

日本初!

広島発!

オーガニックに特化したお料理レッスン

を開催しているBio Kitchen のRURIです。

昨日、今日と春一番が走り抜けました。

一昨日には、今年初のうぐいすの声が聴かれましたよ。

あんなに寒い寒い冬で凍えていたのに、

もう、春が来ているんですね♪

嬉しいですね。

さて、先日開催しました、

「心と身体を整えるオーガニックレッスン」の感想を

頂きましたのでご紹介させて頂きますね。

 

〇2/17も素敵なレッスンをありがとうございました。

自分で手をかけたお味噌がとても愛おしくて愛おしくて(笑)

もっと沢山仕込みたいと思いました♡

手を掛ける、心を込める・・・とても穏やかで大切なことです

ね。

味噌ディップのアレンジも楽しく、美味しかったです。

愛のある空間に居ると、心も身体も暖かく満たされるんだと

改めて!!

帰り道、たまたま寄った食器屋さんで何と久松さんの重石を発見。

サイズを合わせてすぐに買いました。

これも「引き寄せ」かな!?と面白かったです。

感謝♡              (Y様)

 

帰り道に購入された、今はなき、久松の重石を使って仕込まれた様子を

写メして送ってくださいました^^

 

 

〇今年も味噌を仕込めて幸せです。

国産大豆は、全体の4%ほどしかないこと、さらに有機大豆はその中の1%

(にも満たない)と伺い、貴重な大豆の味噌が作れることにさらに感激

でした。

しっかりと気持ちを込めて味噌仕込みしたので、美味しく育ってくれると

思います。

子ども達にも日本のソウルフード”味噌”の話を食卓でしていきたいと

思います。

とびきり幸せな時間でした。

有難うございます。          (M様)

 

お二人のご感想読ませて頂いて、素直さは「宝」だなあと改めて

感じました。

私はオーガニックの味噌づくりを提唱し、毎年多くの方々に

オーガニックの味噌の仕込みをお教えしておりますが、その時に

必ずお伝えするのが、仕込むときの意識のあり方です。

みんなでお話しながら仕込むのですが、発酵のもととなる米麹は、

生き物ですから、言葉はしゃべれないけど、私たちの想いは受け取って

います。

その時に、生き物である麹さんに、「ありがとう」とか「美味しくなってね」

とか、愛のある言葉を使うことで、お味噌の仕上がりが全くちがいますよ~

とお伝えしています。

ご参加のお二人はそのことをしっかりと受け止め、実践してくださいました。

そして、もうひとつ大切なのは、発酵菌たちがしっかり働ける「場」の

大切さです。

物理的な場所の衛生状態とか、菌の状態とは別に、そこの空間が

温かいものであるかどうか。

言ってみれば、「場」の空気と言ってもよいでしょう。

一緒にいる参加者、ご家族などの心理的な距離が近いかどうか、

想いが通じ合っているか、これはとても大切なポイントだと

感じています。

今回のメンバーはそのあたりを皆で共有しながら仕込めたので

最高のマイ味噌に仕上がると思います。

来年が楽しみです。

☆レッスンの感想を頂きました☆(心と身体)